マネジメントプロフィール

  • ホーム
  • >企業情報
  • >マネジメントプロフィール

代表取締役矢口 真一

1983年 早稲田大学政治経済学部卒業
1983年 日本長期信用銀行入行、融資第二部次長等を務める
2000年 同行が新生銀行に改称、審査部次長
2001年 大和証券SMBCプリンシパルインベストメント㈱ 債権投資部長
2005年 ユニファイド・パートナーズ㈱(野村HD連結子会社)取締役 投資部門マネージングディレクター
2006年 エスバイエル㈱(現ヤマダ・エスバイエルホーム)社外取締役兼任
2009年 LITパートナーズ㈱ 代表取締役
2014年 フュージョン資産マネジメント㈱ 代表取締役
  • 銀行では法人営業、業務企画等を経験した後、バブル崩壊後に問題化した不動産融資の処理を担当。
    不動産業者の資金繰難で更地や駐車場のまま放置された不動産のうち採算性の見込まれる物件を引き取り、賃貸マンション・ビル等収益物件への事業化を推進。また権利関係の複雑な収益不動産を関係調整した上で売却する処理を進めた。この過程で物件によって実際の売却価格と鑑定評価額との間に大きな乖離があることを痛感。新生銀行への改称時には審査部で不動産評価方法の改定を担当した。
  • 2001年に投資会社に転じ、以降は一貫して不動産価値に依拠した投資業務に従事。
    単純な不動産への投資のみならず、不動産担保付ローンのバルクセール(まとめ売り)や不動産が資産の大半を占める企業の再生を含め、対象となる不動産が将来に亘って生み出す収益を基礎において不動産の本源的価値を測り、売買を判断する投資を行い、ファンドの投資委員長も務めた。
  • バルクセールでは、相続税対策で建てたアパート等が資産価値下落でオーバーローン(資産価値より借入金が上回る)状態となり、元本返済が困難な不良債権として金融機関から売却処分されるのを目の当たりにし、事業性、採算性を十分検討しないまま始めた賃貸経営のリスクの大きさを実感した。こうした案件に対しては、借入金を資産価値に見合った水準まで圧縮し、管理会社も見直す等の施策で賃貸経営の再生を図った。
  • リーマンショック後にファンドから放出された不動産信託受益権については、現物不動産化と管理会社見直し等の助言を行いながら相続税対策を講じる富裕個人層への斡旋を推進した。
  • アパート、マンションから大型ビル、ホテルまで数多くの投資案件を経験し、独自の案件調達ルートを持つとともに、物件評価、リスク管理の勘所を押さえている。